So-net無料ブログ作成
検索選択


バッグを入れる豊胸手術には二種類の方法がある [バッグを入れる豊胸手術]


豊胸手術でバッグを入れる施術を行う場合には、

二種類のバッグを入れる方法があります。


まず一つは、大胸筋下法というのがあるのですが、

これは、乳腺の下の大胸筋の下にバッグを入れるという方法です。


この豊胸手術が向いている人は、

痩せている体型で胸が小さい人に適した手術です。


胸の皮下脂肪があまりなく、皮膚の薄いといった人が、

この豊胸手術を行うと、自然なかたちの豊胸ができるといわれています。


二つ目の豊胸手術としては、乳腺下法というのがあります。

こちらは大胸筋の上にある乳腺の下にバッグを入れる豊胸術です。


この豊胸術はバストにもともとボリュームがあるという人や、

妊娠出産のためにバストがしぼんでしまった人に適した豊胸術です。


筋肉の上に豊胸バッグがのるので、

バッグの柔らかさが伝わりやすいといわれています。


このように、バッグを入れる豊胸手術を選んだ場合には、

バッグを入れる場所によって施術方法が違ってきます。


ですから、充分医師とカウンセリングしたうえで、

豊胸手術をするといいのではないでしょうか。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。